おでこ周辺のニキビは健康状態のシグナル

夜もきちんとメイクを落とし、綺麗に洗顔しているのに、おでこ周辺にニキビができることがあります。

これは、健康状態を物語るシグナルなのです。

いつもどおりの適切なお肌のケアをしているにもかかわらず、出来てしまうニキビは体内環境に問題があると言えるのです。http://nikibijya.sblo.jp

特に脂っぽい食事が続き、野菜不足であると、腸内が悪玉菌で充満し、それが肌荒れとなってあらわれてくるのです。

腸内環境が悪玉菌で満たされると、お通じがこなかったり、内臓が荒れるためにニキビができてしまうのです。

こうした場合はまずは乳酸菌飲料やヨーグルト、酵素や発酵食品を食事に取り入れて、腸内環境を善玉菌で満たし、お通じを良くして体内の老廃物を排出してしまうことが大切です。

なおかつ、ビタミンCなどが豊富な野菜や、リコピンが豊富なトマトなどを積極的に食べると、次第にニキビが消えるようになります。

また副交感神経を整えるために、早寝早起きを心がけると肌荒れが解消することもあるのです。