しっかりとした未来を見据える

実際にパソコンの前でつねに動いている市場をご覧になっていると、すぐに取引をしなくてはいられないという思いが生じる事も多いと思います。

 

だが、不確かな直感で取引することは避ける必要があります。

 

確かに、マーケットは昼夜を問わず、常時どこかの国で市場はオープンしているし、為替レートもどういう時でも、変化しています。

 

しかしながら、闇雲に売り買いを積んでいくとその回数だけマイナスになる可能性が高まってしまう。

 

言うまでもなく、売買の回数を重ねることによって少しずつ儲けられる確率が五分五分に近づくのは事実です。

 

でもその事は「なんだか分からないインスピレーションで取引」することとは話が違います。

 

トレード回数を重ねるという意味は、自分が「ここは勝てる」と感じた感覚を得たケースでの注文回数を重ねるという事を言っています。

 

格段の理由がなく、連続して売り買いを繰り返すのとは明らかに違う。

 

外国為替市場の駆け引きに勝つためには、自分が意識的にけじめをつけることこそが肝心です。

 

「ここで勝負」とよく考えた外国為替相場の時には所持ポジションを積み増して積極的に儲けを狙います。

 

「かなり頭をかかえる外国為替相場でどう上げ下げするのか予想できないな」と感じた時は、思い切って所持ポジションを全部見切りをつけて放置します。

 

これぐらいのけじめをつけた方が最終的には売買はうまくいきます。

 

為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

 

本当にその通りです。

 

取引とは、いつでも売買ポジションを所有する事が大切ではなくどの売買ポジションも所持せずじっと見ていることも場合によっては相場なのである。

 

それでは、どのタイミングで休みどきなのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、前述したように、これから先の為替相場が具体的に分からない時です。

 

今から上がるのか下がるのか判断できない時は何も考えず行動すると、作り上げたストーリーとは逆方向に為替相場が推移してしまい、損失を被ることになる。

 

そのため、そうしたケースではポジションを諦め、何もしないで見ているだけが最善の策です。

 

2番目に、己の体調がよくない時です。

 

健康状態と市場に関係しないと思う投資家もいますが実際には意外に影響します。

 

健康状態が思わしくなければ外国為替相場の重要な場面で落ち着いた決断を下すことが出来ない場合があります。

 

興味がわかない時は、FXから離れてみるのも大事なことだ。